観光名所ギャラリー

ホーム > ギャラリー >観光名所ギャラリー
観光名所ギャラリー

チャンドックン 昌徳宮

管理者 0 1,633 2017.07.11 11:32

ソウルにある5つの古宮の中の1つ、昌徳宮(チャンドックン)!1997年にはユネスコ世界文化遺産にも登録された、ナビもお気に入りの宮殿です!ではまず中にご案内する前に、簡単に昌徳宮についてご説明いたしましょう。昌徳宮は1405年、正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿で、光海君(クァンヘグン・1571-1641・李朝第15代王)以降、約270年に渡って李氏朝鮮王朝の政務が行われた王の御所。全部で約135,000平方mの敷地には13棟の宮殿の建物があり、その北半分を占める後苑(フウォン)には28棟の楼閣があります。この昌徳宮の魅力は、一年中たくさんの観覧客が訪れながら建物や自然の維持管理が行き届いていること。特に豊かな自然をそのまま生かして造った美しい宮殿の庭園、後苑(フウォン)の四季折々の姿はとても見ごたえがあります。ではさっそくご案内いたしましょう! 一般観覧エリア、後苑特別観覧エリアに分かれています。 ここは今年(2010年)5月から見学システムが変わりました。以前は自然と建物保存のために、1週間のうち1日を除いて決まった時間だけ観覧できるようになっていましたが、今回からは敷地内のエリアによって一般観覧(自由観覧)、ガイド付きの制限観覧の2タイプに分かれています。 一般観覧は基本的に自由観覧ですが、ガイドさんの説明を受けたい場合は言語別(日本語、韓国語、英語、中国語)に決められているので、その時間に合わせて入場すればOK!またガイド付きの制限観覧は、決められた時間のみ入場が可能です。